Home / Jewelry / Mariana Spirit of Design

Mariana Spirit of DesignMariana Spirit of Design マリアナ スピリット オブ デザイン

Collection

Brand

イスラエルのデザイナーMariana Ravid(マリアナ・ラビット)によるハンドメイドのコスチュームジュエリー。

「Back to the origins」をブランドコンセプトに、デザイナー自身は元より、身に着ける人が常に“自分らしさ”を失わず、原点に立ち戻れるアクセサリーをデザインしています。

繊細なハンドメイドの技術によって、まるで果実のような個性的な作品は作り上げられます。
新旧を問わない多種多様な文化、ファブリックやガラスといった異素材を組み合わせる彼女の才能は、コンテンポラリーでエネルギッシュな反面、繊細でフェミニンな二面性をあわせ持つ作品へと昇華されます。

ファブリック、半貴石、クリスタルガラス、ガラスビーズ等を主な素材とし、繊細でカラフルなパーツをオリジナルで制作。
100年以上前のヴィンテージスワロフスキーを用いた作品もあり、素材への強いこだわりが感じられます。

身に着けた瞬間からエネルギーが沸き、「ありのままの自分」の美しさを引き出してくれる、そんな作品だからこそ、大人の女性に身に着けてほしいアイテムです。

マリアナのジュエリーは、コスチュームジュエリーの分野において一流の作品として、イスラエル、日本、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、イタリア、スイス、オランダ、アイルランド、ロシア、スロベニアといった、世界中のラグジュアリーブランドショップで取り扱われています。

Designer

Rami Hamburg Mariana Ravid(マリアナ・ラビット)

1952年生まれの女性デザイナー。
アーティストの両親の元で育ち、「Jewelry-Goldsmith School」にて4年間ジュエリー制作を学んだ後、1997年から本格的にジュエリー制作を始めました。

4人の子どもをもつ母でもあり、夫は代々続くジュエリーメーカーの4代目で、現在はMariana Spirit of Designのマネジメントを行っています。

「ロマンス」や「オールドカルチャー」から刺激を受けて、デザイン創作を行っています。
アトリエをイスラエルの西側で地中海に面するテルアビブに構え、洗練されたセンスを発揮しています。

Material

主な素材はスワロフスキーのクリスタルガラス、ヴィンテージスワロフスキー、ガラスビーズ、半貴石、ファブリックです。
その他繊細でカラフルなパーツは、工房にてオリジナルで製作しています。

ファブリック

デザイナーが自らヨーロッパなどで探した古着から切り取った布を使用しています。
彼女のこうした素材へのこだわりは作品への愛情を感じさせます。

ヴィンテージ スワロフスキー

スワロフスキー社製のクリスタルガラスの中で、作られてから30年以上経ったものを言います。
Mariana Spirit of Designでは100年以上前に製造されたアンティークも使用していますが、それらはスワロフスキー社からも「自社ミュージアムに入れたい」と直々にオファーが来るほどに希少価値が高いものです。

シンボル

伝統的なシンボルを、身に着けられるようデザインし、ジュエリーに組み合わせました。
シンボルはそれぞれ意味を持ち、沢山のシンボルがあります。

アクセサリーに使われているシンボルを見る

ストーン

自社の工場で手作業によって磨かれています。
特別な研磨技術によって、全ての人々が最大限に引き出された自然の美しさを楽しむ事が出来ます。

アクセサリーに使われているジェムストーンを見る